単身引越しにおすすめの業者はどこ?

単身引っ越しと家族引っ越しは、全体的に荷物の量が変わってきます。
そうなると、プラン内容も変わるので、サービスにも差が出てきます。

一般的には単身パックの方が料金が安いと考えている人が多いと思いますが、
実は荷物量などの状況によってどちらがお得かは変わってくるようです。

それを知らずに単身パックを使ってしまうと、荷物制限を超えてしまい、
割高な超過料金が取られてしまうかもしれないので注意しましょう。

単身引っ越しをするなら、どんな業者に頼むのが良いのか。
おすすめの単身引越し業者についてまとめてみました。

単身パックを使う場合

単身パックを使う場合は、パックが充実している大手を選んでください。
日通、クロネコ、アートなどの大手は、無難な料金で引っ越しをすることができます。
サービス内容もとても良く、単身ならではのサービスがあります。

例えば、女性専用のレディースパック、一人暮らしの女性に安心なパックです。
男性スタッフにデリケートな荷物に触れられることがないので、女性としては安心でしょう。

普通の単身パックでも、荷物の量は決められていますが、結構安いです。
「大型家具1つ、家電数個、ダンボール10箱まで、Lプラン」などが単身パックになります。
大手では、普通に引っ越しをするよりかなり安くなっていますので、
大手に頼むならパックの方が良いかもしれません。

また、パックには、特典が付いていることがあります。
例えば荷造り込みプランになっていたり、スーツケース無料だったり、
パック条件にあった特典がついてきます。

ただ、パックの場合値引き交渉はできません。
条件が決められていることが多く、少しでも荷物の量がオーバーすると、超過料金も高いです。

大手に任せて安心した引っ越しをしたいなら、パックを使っても良いでしょう。

単身パックが必ずしも安いわけではない

単身パックが必ずしも安いわけではない理由は、値引きができないからです。
大手ではなく、中小業者に目を向けてみると、通常の引っ越しでもかなり安いところがあります。
パックにある条件を少しオーバーしても、まだ安いという業者もあるでしょう。

また、通常の引っ越しになるので、値引き交渉がしやすいのも魅力です。
中小の場合、大手と違い、料金の融通も利きやすいのが特徴です。
大々的にネットで価格を発表しているわけでもないので、値引きが簡単にできます。

例えば、荷物の量がかなり多くなってしまった時、
「これだけ多いから少し値引きして」ということもできます。
また、ダンボールが無料でもらえるサービスを行っているところが多いです。

大手は大体10個までと量が決められていますが、中小の場合、
サービスの質を大手より上回るために、全て無料ということがあります。
引っ越しに必要な細かな備品が無料、積み重なれば料金も割と安くなります。

中小が値引き交渉応じたり、おまけをしてくれたりする理由は、大手より知名度が低いからです。
パックプランを作るだけスタッフの人数が足りていないかもしれません。
私たちは安さと安心を求めていますので、大手に勝つなら料金を安くするしかないです。

安心は「大手である」「CMを良くしている」それだけでなんとなくついてくるものです。
安心に関しては知名度があれば黙ってでもつくので、中小は料金に工夫しています。

中小だからサービスの質が悪いということはないので、
料金が安ければ中小に頼んでみると良いかもしれません。

※参考にさせてもらったサイト
出典:引っ越し単身パック激安ランキングさん