信頼できる業者かどうかを見極めるコツは?

信用できる業者かどうか見極めができなければ失敗してしまいます。
もう二度と頼みたくない!という最悪な業者に頼まないためにはどうしたら良いのでしょう。

業者を見極めるコツ

大手の業者は、会社の名前にキズがつかない様に、ある程度しっかりしています。
なので、大手に頼めば、大半の人は引っ越しの失敗はしないでしょう。

ただ、中には支店によって対応が悪いところがあります。
そんな業者に頼んでしまうと、新生活の第一歩が台無しになります。
出だしが悪いとなんだか気分も良くないですよね。

信用できる業者というのは、まず下見に来た時点で判断することができます。
現場にいるスタッフが実際にきますので、スタッフの対応の良さを知ることができるでしょう。

業者の受付だけで判断するのは、少し気が早すぎます。
受付は女性が多いので、しっかりした対応をする人が多いです。

ただ、男性の作業員となると、力仕事をしているというのもあり、対応が悪い人が多いです。
対応までしっかりしているスタッフこそ、スタッフの鏡だと思います。
後で強気の対応をされるのも頭にくると思うので、下見スタッフの対応を良く見ておきましょう。

また、下見に来た時に、とにかく安さだけを強調する業者はやめた方が良いです。
安さ以外に自信があることがないのでしょう。
サービスの質がとても悪いか、安さにかまけて追加料金を請求してくる悪徳業者の恐れがあります。

見積もりだけでも信用できるかできないかを十分判断することができます。
会社の名前、住所、許可番号はしっかり記載されているか確認してください。

もし一つでもかけていたら、訂正してもらいましょう。
間違いの場合もありますが、訂正を拒否するなら悪徳業者の可能性が高いです。
見積もりの内容もできるだけ細かく、ダンボールの値段もきっちり書いてあるところが信頼できますね。

知ってる?引っ越し業者から最安値を引き出す方法