もし引っ越し業者から追加料金を請求されたらどうすればいい?

引っ越し業者から急に追加料金の請求をされた時、おかしいな?と思うはずです。
追加料金を請求された場合、私たちはどうするべきなのでしょうか。

追加料金について

基本的に見積書に記載されている内容以外の料金は、
業者は請求してはいけないことになっています。
ただ、当日に荷物が増えた場合は、追加料金を請求されることもあります。

また、作業員の作業が難しくなることが分かった時には、追加で料金が発生するかもしれません。
例えばエレベーターが使えない、駐車場がないのを申告していなかった場合、
追加料金の対象になります。
スタッフの作業効率が落ち、作業が大変になるので、
当日人員を増やしたり、仕事量のことを考えると、追加料金はしょうがないです。

駐車場がない場合は、別に駐車場を借りなければいけません。
トラックが入れない狭い路地が目の前にある物件でも、駐車場をレンタルすることになります。
そうなれば、駐車場のレンタル料がかかりますので、追加料金が発生します。

そして、特殊な重機が必要になった場合も、追加料金がかかります。
ピアノを運びたいと思った時には、クレーンが必要になります。
当日まで申告していなかった場合は、クレーンの料金と荷物の料金が追加料金として請求されます。

もし、あなたの荷造りが思ったよりも進んでいない場合、業者が手伝ってくれることがあります。
これもオプション料金になりますので、あとから請求されることになるでしょう。

料金がかかるからといって、手伝いを断った場合、
大幅に引っ越しが遅れるようならキャンセルになります。
もちろんあなたの責任になりますので、キャンセル料金がかかることを覚悟しておいてください。

これらのことは、最初から申告しておくことで業者は正確に見積もってくれます。
当日にいきなり作業が難しいと判断された時には、追加料金が発生します。

説明のつかない追加料金の発生

悪い業者は何の説明もせずに、
当日これを使ったからといって追加料金を請求してくることがあります。
追加料金が発生する時は、必ず前もって報告があるはずです。

「荷造りの手伝いは別料金になります」「ダンボールを増やしたので追加料金が必要です」
何にどれだけの追加料金が発生するかは、私たちにはわかりません。
申告せずに勝手に請求された場合、支払いをことわることができます。

こちらの不備がなく追加料金があった場合、一度支払いを保留しましょう。
払ってくれと言われても「あとで話し合いましょう」と言って一度断ってください。
その際、追加料金の明細を必ずもらっておいてください。

おかしいなと思った時は明細を確認しながら、本社へ電話をしてください。
なぜ追加料金がかかったのか、納得のいく説明をしてもらいましょう。

本社も取り合ってくれなかった場合は、全日本トラック協会に連絡してみてください。
引っ越しの規則を決めている団体なので、相談してみると良いでしょう。

基本的におかしいなと思った時は、すぐに支払いをせず、専門家に相談するようにしてください。
支払い後におかしいなと思うこともあると思いますので、領収書はしっかりもらっておいてください。
支払ってしまった以上どうにもならないかもしれませんが、
領収書があれば過払金を返してもらうことができるかもしれません。

知ってる?引っ越し業者から最安値を引き出す方法