引っ越し業者の下見ってどんなことをするの?

引っ越しをする時に、業者が必ず下見にきてくれます。
「部屋を見られたくない」と思っている人もいるでしょう。
なぜ下見が必要なのかが分かれば、納得して下見をしてもらうことができるでしょう。

下見でどんなことをするのか

引っ越しの見積もりには、「概算見積もり」と「正式見積もり」があります。
概算見積もりは、いわゆるネットで行う見積もりのことです。
大型家具が何個あって、ダンボールはこれくらい必要という大体の見積もりになります。

私たち素人の目で判断して、これだけの荷物がありますと言っても、中々料金は分かりにくいです。
また、業者もどれくらいの荷物があるのか実際に目で確認しなければわかりません。
もしかするとオプション料金がかかる場合もありますし、
納得のいく引っ越しをしたいなら下見が必要になります。

業者に引っ越しを頼む以上、下見を避けることはできません。
下見を行ってもらわなければ、業者は準備をすることもできないのです。
料金が分からないだけでなく、業者の準備のことも考えて、下見は必要になってくるのです。

業者が下見に来た時にチェックするのは、
「ダンボールが何個」「大型家具が何個」「トラックは何台必要か」ということです。
プロの目で荷物の量、トラックの台数を判断し、正式見積もりが行われることになります。

引っ越し料金を安くするにはどうしたら良いか、業者のサービス内容はどうなっているのか、
相談する場にもなります。
具体的に運ぶ荷物の量が下見でわかりますので、
「これを減らしたら安くなります」という的確なアドバイスももらえるでしょう。

下見で最低限やっておくこと

業者が下見に来る前に準備しておかなければいけないのは、
どの荷物を運ぶのかしっかり区別しておく必要があります。
最初の下見では、ダンボールに荷物を詰めておく必要はありません。

ただ、運ぶもの運ばないものはきっちり分けておいてください。
業者の目で判断して、ダンボールがいくつ必要かなどを計算してくれます。

運ぶ荷物をしっかり分けておかないと、
当日のスタッフの人数、トラックの台数を計算することができません。
私たちが準備しておくことは、業者が一目見て、何を運ぶか分かる状況を作っておくことです。

下見は一度でなく、何度か頼むことができます。
荷物の量が変わった時、ダンボールに荷物を詰め終わった後、もう一度頼んでみると良いでしょう。

そうした方がより正確な見積もりを出すことができます。
追加料金の発生を気にする必要もなくなりますし、運ぶ荷物の量が確定するのは業者も嬉しいことです。

必要最低限の準備をしておかなければ、業者は下見を断ることがあります。
何を運ぶか分からない状態では、下見に来た意味はありません。
「これだけの荷物を運んでください」と言えるように、部屋は整理しておきたいですね。

知ってる?引っ越し業者から最安値を引き出す方法