大手の業者と中小の業者ではどっちがいいの?

業者を選ぶなら、大手と中小どちらが良いかという質問が結構あります。
「大手に任せておけば大丈夫」「中小はサービスが悪い」
本当にそうでしょうか?

大手と中小の違い

大手と中小の違いは規模だけで、質はあまり変わりありません。
大手だろうと中小だろうと、悪いところは悪い、そういうことです。
大手か中小かを選ぶなら、条件の違いによって選びましょう。

遠距離や大規模な引っ越しをするなら、大手の方が安心です。
パック、サービスが充実していますし、何よりスタッフの人数が多いです。
多くの引っ越しをこなしているだけあり、大規模引越しでも作業が早いです。

遠距離の場合、仲介業者が入らないのが大手の特徴です。
全て自社のネットワークを使って荷物を運ぶので、荷物の破損や紛失が少ないです。
オプションも充実していて、エアコンの取り付け、梱包の手伝いなどを頼めるところもあります。

ただ、大手はブランドとサービスの多さによって、値段が少し高いです。
有名な業者なので、初めての引っ越しの時は安心感があるかもしれません。

大手がすごいからと言って中小の質が悪いかと言えばそうではありません。
名前の売れた大手は、何もしなくても人が集まってきます。
その分、融通を利かせなくても、ある程度引っ越しを頼んでくれる人はいます。

中小は名前が売れていない分、大手以上のサービスをしてくれることがあります。
例えば、ダンボールが無料、午後でも時間指定が可能など、融通が利きやすいです。
また、値段が多少高くても、値引き交渉次第でかなり安くなることがあります。

大手は、本社の決めた価格で業務を行うことが多いので、値引き交渉が難しいです。
また、パックが充実していて、値引き交渉をするならパックを使ってくださいということが多いです。

中小の場合、パックを使うことなく、通常の引越しでも料金が安いことが多いです。
さらに安くなることを考えると、料金を限りなく安くしたいという人は中小の方が良いでしょう。

ただ、中小は大手以上に業者が溢れているのできちんとした業者を選ぶのが難しいです。
悪い口コミでも良い口コミでも、中小は大手に比べて情報が少ないです。
値段の安さだけで選んでしまうと、悪質な業者につかまってしまう可能性もあるので注意しましょう。

知ってる?引っ越し業者から最安値を引き出す方法