やたらと他社を批判する業者は避けた方がいい

業者の中には、他の業者を批判して、お客さんを獲得しようとしているところがあります。
でもそれは、本当に批判された業者が悪いのでしょうか。

他の業者を批判する業者は使うな

他の業者をやたらと批判する業者は、ハッキリ言って危ないです。
「A社はダンボールのサービスがない!」
「B社は従業員の態度が悪い!」
「C社は荷物にキズをつける」
なぜ自社の自慢をせずに、他社の批判をするのでしょうか。

他社の批判ばかりをする業者は、自社が自慢できることがないからです。
サービスが充実しているなら、「他よりもここがすごいです!」
と批判することなく自社の自慢をするはずです。

他者をけなして契約を取ろうとするのは、自社に自信がないことを丸出しにしています。
本当に良い業者なら、他者の批判をしなくてもお客さんはつくはずです。

逆に他社に劣るところをしっかりと把握している業者は強いです。
「A社よりも値段は高くなりますが、オプションは充実しています」
他者を批判することなく、自社の弱みを見せ、完璧ではないことを言える業者の方が信用できます。

ハッキリ言って、完璧な業者は存在しません。
選ぶのは私たちお客ですから、他社の批判をしたところで、何の意味もないのです。
むしろ批判することによって、
悪い印象を植え付けてしまうのではないかと心配になるのは私だけでしょうか?

批判しなくても実力があれば自然とお客さんはつくはずです。
私たちも業者を比較する時に悪いところを探すのではなく、魅力ある部分を見つけられれば良いですね。

知ってる?引っ越し業者から最安値を引き出す方法